TOHOブログ

東宝ホーム 久留米・筑後TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

営業スタッフの自邸紹介 〜KBC久留米展示場・原田店長編〜
毎月連載でお届けしている営業スタッフが語るお客様の家づくりストーリー。今回は、番外編として営業スタッフの自邸をご紹介します。分譲マンションを売却し、3ヵ月前にマイホームを建てたばかり!KBC久留米展示場の原田店長にインタビューしました。






◆分譲マンションから戸建てへ◆

Q:家づくりのキッカケは?

A:東宝ホームに中途入社する以前のことです。結婚した当時、子どもが産まれる前に購入した分譲マンションに住んでいました。そのマンションは、交通量が多く、トラックが24時間走行しているような国道沿いだったため、とにかく騒音が凄くて。11階に住んでいたのですが、窓を開けるとテレビの音が聞こえないほどでした。また、車を2台所有していたのですが、マンション内の駐車場は1台分しか借りることができなかったため、1台は近隣のパーキングを賃貸契約して、出勤や出掛ける度に賃貸駐車場まで歩かなければいけなかった点にも不便さを感じていました。

その後子どもが産まれ、第一子は喘息持ちでした。マンションの11階に住んでから知ったことですが、空気の環境は上の階の方が影響するんです。そのうちにマンションの住民の方で呼吸器系の疾患を患う方も出てきて、「大切なわが子の住環境としては適していない・・・」とすごく不安になってきたのです。

折しも、同時期に東宝ホームに入社したこともあって、住宅の性能や土地の環境の重要性について深く知ることになり・・・。先輩や同僚に相談し、「価値が下がる前にマンションを売って戸建てを建てよう」と決意。人気のエリアだったので、残債もなくすぐに売却でき、家づくりをスタートするため、一旦賃貸アパートへ引っ越しました。


◆希望のエリアで出会った狭小地◆

Q:土地探しはスムーズにいきましたか?

A:マンション住まいの頃と同じく、筑紫野のとあるエリアで土地探しをスタートしましたが、人気のエリアだったのでなかなか土地が見つかりませんでした。そんなとき、最寄りの小・中学校からほど近い立地に、37坪の狭小地が見つかりました。壁面後退1.5mと条件付きではありましたが、立地的には申し分なかったので、すぐに設計士に相談。狭小地ではありましたが、「東宝ホームの匠の技を持つ設計士なら、きっとこの土地に合った素敵な家が建てられるだろう!」と不安な気持ちはなかったです。






◆狭小地ならではの知恵と工夫◆

Q:間取りやデザインの要望は実現できましたか?

A:私からは、駐車場2台分、3LDK、和室なしという要望を提示して、あとは設計士のプランニングにおまかせしました。和室に関しては人それぞれの好みだと思うのですが、マンションに住んでいた頃、和室はリビングの延長のようなスペースとして使用していて。子どもが乳幼児の頃は寝室として重宝していましたが、ある程度成長して寝室で寝られるようになれば、和室は要らないかな?という考えがあったのです。そのぶん、LDKを広くしたかったこともあります。その後、設計士から提案されたのは、LDKと水回りが2階、主寝室と子ども部屋が1階というプラニングでした。


◆意外と多い!2階LDKのメリット◆

Q:2階にLDKとは珍しい間取りですね!住み心地はいかがですか?

A:正直、2階にLDKがあることのメリットの多さに驚いています。高い位置にリビングがあることで空間として落ち着きますし、階上の間取りに影響せずリビングに勾配天井を付けることもできました。帰宅して、2階にあがれば、寝るまで1階に降りることはありませんし、普通の家と動線的にも変わりがないくらいです。

そして、なにより一番驚いたことは、外断熱+ハイブリッド・エアコントロールの性能です!今年の夏、2階リビングのエアコン一台だけで、ドアを開ければ、1階の主寝室まで充分に涼しかったことにびっくりしました!!今後もエアコンを追加購入することはないと思います。1階と2階の温度差がないことも快適な暮らしを実現できている理由です。

高性能住宅が標準だからこそできる狭小地・2階LDKの暮らしを満喫する原田店長の自邸をご紹介しました。原田店長は、KBC久留米展示場に常駐しておりますので、ぜひお気軽にお声かけください!
2020.03.13 19:57 | 固定リンク | 家づくり