建売住宅宅地・分譲地支店・住宅展示場宿泊体験展示場施工ギャラリー

スタッフBlog

トップページ>スタッフBlog|建築日誌から
建築日誌から
東宝ホーム久留米・筑後スタッフのブログです!
一軒のお家が出来上がるまでをご紹介する「建築日誌」。営業スタッフが日々の話題をご紹介する「営業日誌」。
時々脱線もしますので、お気軽にお付き合いください!

営業スタッフの自邸紹介 ~KBC久留米展示場・原田店長編~

所属:福岡支店

氏名:広報担当

毎月連載でお届けしている営業スタッフが語るお客様の家づくりストーリー。今回は、番外編として営業スタッフの自邸をご紹介します。分譲マンションを売却し、3ヵ月前にマイホームを建てたばかり!KBC久留米展示場の原田店長にインタビューしました。

◆分譲マンションから戸建てへ◆

Q:家づくりのキッカケは?

A:東宝ホームに中途入社する以前のことです。結婚した当時、子どもが産まれる前に購入した分譲マンションに住んでいました。そのマンションは、交通量が多く、トラックが24時間走行しているような国道沿いだったため、とにかく騒音が凄くて。11階に住んでいたのですが、窓を開けるとテレビの音が聞こえないほどでした。また、車を2台所有していたのですが、マンション内の駐車場は1台分しか借りることができなかったため、1台は近隣のパーキングを賃貸契約して、出勤や出掛ける度に賃貸駐車場まで歩かなければいけなかった点にも不便さを感じていました。

その後子どもが産まれ、第一子は喘息持ちでした。マンションの11階に住んでから知ったことですが、空気の環境は上の階の方が影響するんです。そのうちにマンションの住民の方で呼吸器系の疾患を患う方も出てきて、「大切なわが子の住環境としては適していない・・・」とすごく不安になってきたのです。

折しも、同時期に東宝ホームに入社したこともあって、住宅の性能や土地の環境の重要性について深く知ることになり・・・。先輩や同僚に相談し、「価値が下がる前にマンションを売って戸建てを建てよう」と決意。人気のエリアだったので、残債もなくすぐに売却でき、家づくりをスタートするため、一旦賃貸アパートへ引っ越しました。


◆希望のエリアで出会った狭小地◆

Q:土地探しはスムーズにいきましたか?

A:マンション住まいの頃と同じく、筑紫野のとあるエリアで土地探しをスタートしましたが、人気のエリアだったのでなかなか土地が見つかりませんでした。そんなとき、最寄りの小・中学校からほど近い立地に、37坪の狭小地が見つかりました。壁面後退1.5mと条件付きではありましたが、立地的には申し分なかったので、すぐに設計士に相談。狭小地ではありましたが、「東宝ホームの匠の技を持つ設計士なら、きっとこの土地に合った素敵な家が建てられるだろう!」と不安な気持ちはなかったです。

◆狭小地ならではの知恵と工夫◆

Q:間取りやデザインの要望は実現できましたか?

A:私からは、駐車場2台分、3LDK、和室なしという要望を提示して、あとは設計士のプランニングにおまかせしました。和室に関しては人それぞれの好みだと思うのですが、マンションに住んでいた頃、和室はリビングの延長のようなスペースとして使用していて。子どもが乳幼児の頃は寝室として重宝していましたが、ある程度成長して寝室で寝られるようになれば、和室は要らないかな?という考えがあったのです。そのぶん、LDKを広くしたかったこともあります。その後、設計士から提案されたのは、LDKと水回りが2階、主寝室と子ども部屋が1階というプラニングでした。


◆意外と多い!2階LDKのメリット◆

Q:2階にLDKとは珍しい間取りですね!住み心地はいかがですか?

A:正直、2階にLDKがあることのメリットの多さに驚いています。高い位置にリビングがあることで空間として落ち着きますし、階上の間取りに影響せずリビングに勾配天井を付けることもできました。帰宅して、2階にあがれば、寝るまで1階に降りることはありませんし、普通の家と動線的にも変わりがないくらいです。

そして、なにより一番驚いたことは、外断熱+ハイブリッド・エアコントロールの性能です!今年の夏、2階リビングのエアコン一台だけで、ドアを開ければ、1階の主寝室まで充分に涼しかったことにびっくりしました!!今後もエアコンを追加購入することはないと思います。1階と2階の温度差がないことも快適な暮らしを実現できている理由です。


高性能住宅が標準だからこそできる狭小地・2階LDKの暮らしを満喫する原田店長の自邸をご紹介しました。原田店長は、KBC久留米展示場に常駐しておりますので、ぜひお気軽にお声かけください!

Article #91

リタイヤ後の人生を快適な住まいで 娘さま家族に残せる家づくり ~スタッフ回顧録Part-⑥~

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

連載でお届けしている、営業スタッフが語るお客様の家づくりストーリー。家づくりのキッカケや土地を決めるまでの背景、プランニングなど、施工事例だけでは見えてこない側面をご紹介することで、家づくりをより身近に感じ、イメージの参考にいただけると嬉しいです。

**今回は、hit大野城住宅展示場より、営業歴5年目・山崎史博が担当したH様邸のストーリーをご紹介します**

Q:H様の家づくりのキッカケを教えてください。

A:H様は60代のご夫婦です。奥様はまだお勤めしておられましたが、これからご夫婦でリタイヤ後の人生を新しいお家で過ごしたいとのことでご依頼をいただきました。その後、娘さま宅に行きやすい立地で駅まで徒歩7分と利便性もバッチリの分譲地をご成約。また、「将来は娘たち家族にキレイな家を残したい」ということも家づくりのキッカケでした。

Q:メディアの取材が入るほどお洒落な住まいだそうですね!

A:1日のうち最も長く過ごすLDKを重視したデザインです。一番のご要望であった中庭は、L字型のLDKと和室で囲むように配置。この中庭によって、家中に光と風が届くので、とっても居心地の良い空間に仕上がりました。天井にも床材に合わせた木材を貼って、自然素材ならではの快適で心地よい雰囲気に。また、将来娘さま家族がお住まいになることを踏まえて、浴室はピンク色でまとめたりと、娘さまのご要望を併せながら、バランスのよい住まいが完成しました。


Q:以前の住まいと変わったところはありますか?

A:以前は、築40年ほどの建売住宅にお住まいでしたが、床は経年による傷みがきていて…。展示場に来場されたときに、東宝ホームの外断熱+エア・コントロールの性能をご説明したり、実際に床下などを見学していただいたりして、丈夫で長持ちする構造について納得し、とっても安心しておられる様子でした。

Q:山崎さんが営業デビューして初めてのお客様だったそうですね。

A:はい!H様からはお引渡しの際に「山崎くんに頼めてよかった」と言っていただけたことが本当に嬉しくて。恥ずかしながら、感動のあまり泣いてしまったのです。数年経った今でも、お住まいに遊びに行ったり、こちらからお電話した際に「昼ご飯食べにいこう!」とお誘いいただいたり。お客様から親しみや信頼を抱いてもらえることは、住宅の営業をしていてよかった!と思う瞬間です。これからも末永く、H様とのお付き合いを育んでいきたいです。

Article #90

「冬は結露なし、夏はサラサラで涼しい!」袖壁でデザイン性とプライベート感のある住まい

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

将来のことを考えて「家賃を払い続けるのはもったいない。住宅ローンを借りるなら早い方が良い」と家づくりをスタートさせたM様。1年を通して、“夏はサラサラ、冬はポカポカ”で快適に過ごせる≪外断熱+エア・コントロール≫の住まいを高く評価していただき、家づくりをご依頼されました。

**\今回はM様営業担当の日高にインタビューしています/**

■太陽光パネルを搭載しつつデザインも重視■

Q:M様邸のご要望を教えてください。

A:「充分な容量の太陽光パネルを載せたい」というご要望が大前提でしたので、片流れの屋根にして太陽光パネルを大容量搭載できるようにしました。ところが、基本的に片流れの屋根は、いかにも“太陽光パネルのためだけの家”という印象が強く、デザイン性に欠ける部分があります。そのため、M様邸には、深い軒と外観の両側面がせり出している袖壁を採用。この袖壁は、周囲から室内への視線をカットできること、シンプルな外観にデザインのアクセントをもたらしてくれるメリットがあります。

Q:お庭に出やすいデザインとは?

A:ちょっと腰掛けるのにも丁度よい高さのテラスを外と室内の中間領域に配置。このスペースがあるからこそ、気軽に「お庭に出よう!」と思えるようです。このテラスはM様の希望によりメンテナンスが楽チンなタイル貼りを採用しています。深い軒で濡れにくいこともポイントです。

Q:明るくて開放的な吹き抜けの住み心地は?

A:大きな吹き抜けのおかげで昼間はほとんど電気をつけずに過ごしておられるそうです。この吹き抜けは、主寝室にある書斎と繋がっていて。ご主人さまの「書斎が欲しいけど、籠るのではなく明るい空間にしたい」というご要望をバッチリ実現できました。

Q:動線がすごく快適だとお聞きしました!

A:玄関からキッチンへ続く動線にパントリーを兼ねた便利な収納スペースを確保。買い物から帰宅して、ストックしたい生活用品などを直接収納できるので奥様が大変喜ばれているそうです。カウンターキッチンからは、リビングだけでなく、和室まで視線が届く設計に。お料理をしながらも、家族団らんの時間を楽しむことができます。

希望通りの住まいが完成し、ご家族で楽しい毎日を過ごされているM様。外断熱+エア・コントロールの住み心地についても「冬は窓に結露がつかないし、夏はサラサラで涼しい!」と語ってくださいました。

東宝ホームでは、外断熱+エア・コントロールの住み心地を体感していただける『宿泊体験』をご用意しています。詳細やご予約については、各展示場やショールームへお気軽にご連絡ください!


◇宿泊体験展示場はコチラ!
https://fukuoka-toho.com/trial/

◇各展示場はコチラ!
https://fukuoka-toho.com/exhibition/

Article #89

駅から徒歩5分!子育てファミリーが集まる街 『サニーガーデン美咲が丘南』建売モデルハウス着工します♪

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

東宝ホームの建売住宅は全戸が長期優良住宅!外断熱&ZEHといった高性能が標準仕様なので、立地と間取りさえ気に入っていただけたら、注文住宅よりとってもお得です。ぜひ、チェックしてください!

**今回は、福岡西エリアでスタッフがイチ押しする『サニーガーデン美咲が丘駅南』の分譲地&建売モデルハウスについてご紹介します♪

■JR筑肥線「美咲が丘駅」まで徒歩5分!■
駅まで徒歩5分という好立地で福岡・博多への通勤やお子さんの通学にも大変便利です。
1つ手前の快速停車駅「筑前前原駅」までタクシーワンメーターほど、自転車でも10分くらいと近距離なので終電近い電車で帰宅する際などに利用することができます。

■前原エリアでも価格が抑えられる♪■
「筑前前原駅」を中心とする前原エリアの土地価格は高騰していますが、隣駅である「美咲が丘駅」にいくだけで比較的土地の価格を抑えられるので、福岡西エリアに住みたい方にもオススメです。

■高速バスも走っているから安心!■
近隣に高速バスの停車駅があるので、事故や天災などでJRが運休となっている場合でも、比較的運行していることが多い高速バスを使って帰宅できることもポイントです★

***全21区画より11区画が建売住宅に!約半数も建売になる分譲地としては珍しいケースです♪***

全11区画の建売住宅は、間取りや外観など全て異なるデザインで設計されます。「同じような家ばかり並んでいる」という街並みではありません♪さらには、「建てる前に契約する」という形になるので、建売住宅でありながら、建築されていく様子をしっかりと見ることができることも大きなメリットです。
>>>建売住宅の11区画より先行で4~5区画が先行で販売される予定になっています!

ほか、分譲地内で信号機がない横断歩道はボランティアの先生が登下校時に誘導してくれるのでお子さんの通学にも安心です。

そのほか詳細につきましては、hitマリナ住宅展示場(092—883-4838)までお気軽にお問い合わせください♪

Article #88

「全てに納得したい!」設計プランは50件以上! 転勤しても戻ってきたくなる家~スタッフ回顧録Part-⑤~

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

『ご夫婦+お子さま2人』のS様ファミリー。福岡市南区でロケーション抜群な高台にある土地に出会ったことから家づくりがはじまりました。建物面積約30坪と限られた広さで「いかに快適に暮らせる住まいをつくるか?」「どれだけ満足できる空間をつくれるか?」をテーマにスタートしたS様邸。プランニングや営業との打ち合わせ、間取りの工夫といった家づくりストーリーをお届けしていきます。

**S様邸担当営業・日高にインタビューしてきました!**

■100%納得してから前に進みたい!■

Q:S様の家づくりのキッカケを教えてください。

A:分譲地の問い合わせをいただいたことが最初の出会いです。福岡市南区にある見晴らしの良い高台の分譲地を気に入っていただいて。「この土地でいこう!」とプランニングが進んでいったのですが、建ぺい率から建物面積は約30坪。コンパクトなスペースに「いかに快適で、いかに満足できる家をつくるか?」という点で長期間検討を重ねることになったのです。

Q:プランニングはスムーズに進みましたか?

A:S様邸はご主人様がメインでプランニングを行いました。ご主人様は、住宅の性能から構造、間取り、ローンにいたるまで、全てご自身でしっかりとリサーチし、知識を身に付け、全方位に納得してから前に進まれる方でした。家づくりに関しての思い入れも強く、「本当にこの土地で良いのか?」「支払いは可能なのか?」「満足できる家を建てられるのか?」と2~3ヵ月は検討されて。ご自宅で10時間に渡って打ち合わせしたことなどよく覚えています。設計士は50プランほどご提案し、契約後も引き続き、様々なご相談をお受けしました。

Q:実際にどのような住まいが完成したのですか?

A:吟味を重ねたプランニングを経て、吹き抜けなしの2階建て3LDKに決定。市内を一望できる高台の土地は、北側が開けているロケーションでしたので、リビングは南側、ダイニングを景色が良い北側に配置。見晴らしの良い景色を眺めながら家族で食事を楽しめるようにしました。2帖だけでも和室を設けるか悩んでおられましたが、「家族が集まるLDKを少しでも広くしよう!」と最終的にはつくらないことに。全体的なデザインだけでなく、「限られた空間をいかに有効活用するか?」という点を重視した設計になりました。

■帰宅が楽しみになる我が家■

Q:実際に入居されてからのお付き合いは?

A:その当時は僕も若かったので、プランニング中は、厳しいお言葉をいただいたり、逆に励ましていただいたりと、色々ありました(笑)。入居後は、僕自身が結婚したときや、子どもが生まれたときは報告に行ったりして。自宅近くに寄られたときは「日高さんのお家を観に行ってもよいですか?」とご連絡をもらったりと、親しくさせていただいています。その後、S様は新居に入居された後、東京へ転勤することになってしまって…。ご両親に空気の入れ替えをしてもらいながら、自宅を維持されていたのですが、転職もあいまって「またこの家に戻ってくることができて嬉しい!」とのお言葉いただきました。そのときは、「この仕事をしていてよかった!」と心の底から思いました。

いかがでしたか?スタッフ回顧録は次月もお届け予定です。お楽しみに!

Article #87

大きな吹き抜けがあっても寒くない!オシャレで住み心地の好い住まい~お客様事例・S様邸~

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

ご夫婦+お子さま3人のS様ファミリー。キューブ型を組み合わせたような外観は、縦長やスクエアの小窓の配置、ホワイトとグレーの配色コントラストが都会的な印象です。プランニングでは、S様とインテリアコーディネーターで感性のコラボレーションを♪外観も間取りもデザインも、すべてに満足できるオシャレなお家が完成しました。

******今回は、S様邸営業担当:古杉がお答えしていきます♪******

■インテリアはコーディネーター&S様のコラボで完成!■

Q:家づくりの要望やこだわりを教えてください。

A:担当インテリアコーディーネーターとS様の感性がマッチして、プランニングはスムーズに進んでいきました。
S様が提示される要望や好みをインテリアコーディネーターが深いところまで理解したうえで、さまざまなご提案ができたので、安心感を持ってくださったようです。打ち合わせ中から「想像以上にオシャレな家ができそう!」とワクワクしておられました♪

■ 大胆な吹き抜けで家族の寛ぎ空間を開放的に■

Q:LDKはどのような空間になりましたか?

A:リビング天井から2階ホールまで広がる吹き抜けは、S様邸のシンボルともいえるほど開放的な空間に仕上がっています。縦長の掃き出し窓から陽光が差し込み、明るさもしっかりと確保。スケルトンの階段や手すりで、視覚的な広がりも感じられます。ここまで大胆に吹き抜けをつくると、「冬は寒いのでは?」「夏はエアコンが効かなくなりそう」と心配される方もおられるかもしれませんが、外断熱+エア・コントロールの独自工法により、吹き抜けのデメリットは殆ど感じられません。空調効率が良く、1年中快適に過ごすことができます。実際、S様も家を建てる前に「一戸建ては冬寒いからね…」と周囲の方から言われていたそうですが、「12月に入居して冬がとても暖かくて快適に過ごせました!」と喜んでおられました。

■随所にこだわりが感じられる住まい■

Q:ほか、インテリアや間取りの特長を教えてください。

A:内観は白い壁とダークブラウンの木目、モノトーンの家具が調和したシックで洗練された空間に仕上がっています。ご主人様の仕事部屋は、使いやすさを重視して、オーダーメイドで机と書棚を造作しました。まるでホテルのようにモダンな洗面室は、水栓が2つあるワイドな設計で機能的に。お子さまが成長しても、朝の身支度で混雑しなくてすむようにゆとりある広さを設けています。
 
玄関は、一般的な建具よりも高さがある天井までのハイスタッドの建具を使用し、個性的で洗練された空間を実現しました。玄関の壁には、調湿機能と防臭効果があり、汚れや水分を通さない『エコカラット』を採用。デザイン性だけでなく、機能性も兼ね備えた空間になっています。

こだわりを沢山お持ちのお客様の要望をただ実現するのではなく、営業担当、設計士、インテリアコーディネーターのタッグにより、要望以上の満足できる住まいをつくることが、私たちの使命です。
お客様事例は来週もお届けしますので、ぜひチェックしてください♪

Article #86

大きな吹き抜けがあっても寒くない!オシャレで住み心地の好い住まい~お客様事例・S様邸~

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

ご夫婦+お子さま3人のS様ファミリー。キューブ型を組み合わせたような外観は、縦長やスクエアの小窓の配置、ホワイトとグレーの配色コントラストが都会的な印象です。プランニングでは、S様とインテリアコーディネーターで感性のコラボレーションを♪外観も間取りもデザインも、すべてに満足できるオシャレなお家が完成しました。

******今回は、S様邸営業担当:古杉がお答えしていきます♪******

■インテリアはコーディネーター&S様のコラボで完成!■

Q:家づくりの要望やこだわりを教えてください。

A:担当インテリアコーディーネーターとS様の感性がマッチして、プランニングはスムーズに進んでいきました。
S様が提示される要望や好みをインテリアコーディネーターが深いところまで理解したうえで、さまざまなご提案ができたので、安心感を持ってくださったようです。打ち合わせ中から「想像以上にオシャレな家ができそう!」とワクワクしておられました♪

■大胆な吹き抜けで家族の寛ぎ空間を開放的に■

Q:LDKはどのような空間になりましたか?

A:リビング天井から2階ホールまで広がる吹き抜けは、S様邸のシンボルともいえるほど開放的な空間に仕上がっています。縦長の掃き出し窓から陽光が差し込み、明るさもしっかりと確保。スケルトンの階段や手すりで、視覚的な広がりも感じられます。ここまで大胆に吹き抜けをつくると、「冬は寒いのでは?」「夏はエアコンが効かなくなりそう」と心配される方もおられるかもしれませんが、外断熱+エア・コントロールの独自工法により、吹き抜けのデメリットは殆ど感じられません。空調効率が良く、1年中快適に過ごすことができます。実際、S様も家を建てる前に「一戸建ては冬寒いからね…」と周囲の方から言われていたそうですが、「12月に入居して冬がとても暖かくて快適に過ごせました!」と喜んでおられました。

■随所にこだわりが感じられる住まい■

Q:ほか、インテリアや間取りの特長を教えてください。

A:内観は白い壁とダークブラウンの木目、モノトーンの家具が調和したシックで洗練された空間に仕上がっています。ご主人様の仕事部屋は、使いやすさを重視して、オーダーメイドで机と書棚を造作しました。まるでホテルのようにモダンな洗面室は、水栓が2つあるワイドな設計で機能的に。お子さまが成長しても、朝の身支度で混雑しなくてすむようにゆとりある広さを設けています。
 
玄関は、一般的な建具よりも高さがある天井までのハイスタッドの建具を使用し、個性的で洗練された空間を実現しました。玄関の壁には、調湿機能と防臭効果があり、汚れや水分を通さない『エコカラット』を採用。デザイン性だけでなく、機能性も兼ね備えた空間になっています。

こだわりを沢山お持ちのお客様の要望をただ実現するのではなく、営業担当、設計士、インテリアコーディネーターのタッグにより、要望以上の満足できる住まいをつくることが、私たちの使命です。
お客様事例は来週もお届けしますので、ぜひチェックしてください♪

Article #85

福岡エリアで要注目の“東の副都心”JR千早駅から徒歩圏内!~サニーガーデン舞松原~

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

福岡市の東側に位置するこのエリアは、近年、香椎駅前、千早駅前を中心に大規模な都市開発が進み、広々とした歩道やデザイナーズマンションが立ち並び、美しく先進的な街並みへと変貌しています♪今回は、千早駅から徒歩約15分の場所にある自社分譲地『サニーガーデン舞松原』について、営業・落石がお答えします!

■価格高騰中につき資産価値はお墨付き!■

Q:JR千早駅周辺は福岡でも人気急上昇中のエリアだそうですね。

A:福岡でもトップクラスで土地の価格が高騰しているエリアです。将来的に土地の資産価値が下がることはほぼないと言っていいでしょう。今後、どんどん土地が少なくなっていくうえ、価格は上がっていくため、土地の購入は早いに越したことはありません。当分譲地では、全21区画のうち、10区画が東宝ホームの宅地になります。これぼど人気が高いエリアに、多数の土地を買い付けできるのは、当社の経営が健全であり、実績のある地場企業として高く評価されている証ではないでしょうか。

■美しく新しい街で共に成長できる喜び■

Q:自社分譲地ならではのメリットはありますか?

A:周囲と外観のデザインが被らないように考慮したり、隣家同士の視線や景観に配慮して窓の配置など間取りを設計できる点は、自社分譲地の強みです。また、分譲地内は同世代の子育てファミリーが多く、“子どもと共に育っていく街”として、コミュニケーションを育むことができます。

■若い世代が注目するショップも続々OPEN!■

Q:利便性も良さそうですね。

A:スーパーやコンビニ、郵便局、ドラッグストアなど生活に必要な施設は全て徒歩圏内にあります。最寄りの舞松原小学校は徒歩約10分なので、お子さんの通学も安心。千早駅前にある「なみきスクエア」は、市民センターや東図書館、証明サービスコーナーなどを併せ持つ複合施設で、東区役所まで行かずともこちらで証明書などの発行手続きを済ませることが可能です。ほか、スポーツジムやカフェ、スイーツショップなども続々とオープンしており、まさに“副都心”としての豊かな暮らしを満喫できます♪

Q:着工はいつからですか?現在の申し込み状況は?

A:全10区画のうち、現在3区画のお申込みをいただいている状況です。令和元年11月から造成がはじまり、建物の着工は令和2年3月以降を予定しています。

JR千早駅から博多駅まで10分、天神までは12分と通勤や通学、ショッピングにもアクセス抜群な『サニーガーデン舞松原』。現地のご見学やお問合せは、『hit香椎浜住宅展示場』(092—672-8785)までお気軽にお電話ください!お待ちしております♪

Article #84

土地探しは営業マンの腕の見せどころ!二世帯住宅の家づくりストーリー~スタッフ回顧録Part-④~

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

『ご夫婦+お子さん+ご主人のご両親』の5人家族で、新たに二世帯住宅の新築計画を土地探しからスタートされたM様邸のプランニング・ストーリーをお届けします♪

そもそも、二世帯住宅には大きく分けて3種類あることをご存知でしたか?

■完全共同型…水回りや玄関など基本的に全てを共有しそれぞれの世帯に個室がある。
■階数分離型…1階は親世帯、2階は子世帯など階数で世帯を分離し、水回り別々、玄関は共有が多い。
■完全分離型…水回りや玄関など基本的に全てを分離し、リビングや廊下を通じて繋がっている。

**完全分離型の二世帯住宅を建てられたM様邸を担当した、営業スタッフ・落石にインタビューしました!**

◆前職のノウハウや人脈を活かしてベストな土地を提案◆

Q:M様の家づくりのキッカケを教えてください。

A:お子さんの誕生をキッカケにご主人のご両親と同居を検討されていました。現存のご実家は売却し、新たにご主人の職場近くのエリアで土地を探しておられて。豊富な自社分譲地を保有する東宝ホームですが、自社分譲地にお客様が希望する土地がなければ、他社からの紹介など、範囲をフレキシブルに広げて土地探しを行います。他社では流通していないような土地を紹介できるかどうかは、「どれだけ横の繋がりを持っているか?」など、営業マンによって差が出るところ。僕自身、前職で不動産業に従事していたため、独自のノウハウや人脈を駆使して、ご主人の職場近くで近隣と比べてもお安い価格で、約100坪の土地をご紹介することができました。

◆高コストでも2棟建てるよりは経済的!◆

Q:二世帯住宅のプランニングはいかがでしたか?

A:お客様は親世帯が平屋、子世帯が2階建ての『完全分離型』の二世帯住宅をご希望でした。お風呂、キッチン、トイレといった水回り、玄関など基本的に全てがそれぞれの世帯にあり、リビングの廊下を介して、住まいが繋がっているタイプです。二世帯の中では、最もコストが高くなるタイプにはなりますが、それでも家を2棟建てるよりは法律的にも経済的。「プライベートはしっかり確保したい」「お互いに干渉し合わずに暮らしたい」というご家庭にはオススメです!

◆最後には“オッチー”と呼ばれる仲に♪◆

Q:地鎮祭後のお祝いに落石さんも参加したそうですね!

A:「ぜひご一緒に!」と食事のお誘いをいただいて参加してまいりました!M様ご家族とも大変親しくなり、「落石くんが言うんだったら間違いない!」と厚い信頼をいただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。奥様からは最初、“落石さん”と呼ばれていたのですが、その後“落石くん”、最終的には“オッチー”と呼んでいただけるまでに(笑)。M様の住まいは間もなく完成予定です!お子さんを中心にスタートする新しい暮らしを今後も末永く見守らせていただきたいと思っています!


Article #83

+αの居場所で家族の暮らしを楽しく!もっと豊かに!~お客様事例・E様邸~

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

ご夫婦+お子さん2人のE様ファミリーは、下のお子さんの誕生をキッカケに家づくり計画をスタートさせました。当初は、マンション購入も検討されていましたが、「子どもが小さいうちは伸び伸びと育てたい!」との想いから一戸建てに決定。

東宝ホームにご依頼くださった理由は、性能の良さと標準仕様のクオリティーの高さ、そして「この会社ならやりたいことを実現できそう!」と家づくりへのこだわりを評価していただいたことでした。そのお言葉通り、要望のほとんどを実現し、全く後悔するところがないお住まいが完成。元気いっぱいのお子さんと新しい暮らしを満喫されています♪

~**今回は、E様の営業担当者にインタビューしました!**~

■外の景観を楽しめるカフェ風のスペース■

Q:設計で最もこだわった間取りはありますか?

A:設計時に「住まいの北側にある広い公園を眺められるスペースが欲しい!」との希望がありましたので、2階ホールにフリースペースを設けて、窓の高さに合わせたカウンターを設置しました。スツールやインテリアでカフェ風の雰囲気に。家事の合間に景色を眺めながらコーヒーを飲んだり、読書したりと、+αの空間として、暮らしに豊かさをもたらしてくれています。

■家族と共にそれぞれの時間が過ごせるLDK■

Q:LDKはご家族みんなのお気に入りだそうですね!

A:白を基調としたインテリアで吹き抜けを設けたリビングは、開放感も採光もバッチリです。ダイニングはキッチンと横並びにし、「お料理を運ぶ」「片づける」という作業に無駄な動線がなく、お子さんたちもお手伝いがしやすい設計に。ダイニングの壁側に設置したカウンターは、お子さんが宿題をしたり、奥様がPCで調べものをしたりするのにピッタリ。このようなカウンターがあるだけで、ダイニングテーブルが散らかるのを防げますし、家事をしながらお子さんの見守りもできるので、子育て世代にオススメしたいインテリア事例です。

Q:ほか、LDKのこだわりはありますか?

A:2階へと続くリビング階段は、細いアイアン手すりでスタイリッシュな印象に。また、LDKに繋がる和室は玄関ホールから直接の動線も確保し、突然の来客があっても、リビングを通らずスムーズにご案内できるようにしました。

Q:E様邸には、暮らしが楽しくなる居場所が散りばめられていますね?

A:お庭には、家族で日向ぼっこしたり、お子さんたちが駆け回って遊んだりできるウッドデッキがあり、こちらもE様ファミリーのお気に入りです。

注文住宅の家づくりにあたり、「家族の暮らし方を想像して、1つひとつ自分たちで間取りやインテリアを決めていくことは大変でしたが、その分楽しさも大きくて。やりたいことは殆ど実現できたので、後悔はありません!とっても満足しています!」と語ってくださったE様。外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールにより、四季を通じて住み心地の良さを実感していらっしゃるそうです。

私たち東宝ホームは、「こんなのあったらいいな!」や、現在のお住まいで不便に感じている点など、様々な側面からお客様の要望を汲み取り、多数の注文住宅を手掛けてきた設計士とインテリアコーディネーターが理想の住まいを実現していきます。

Article #82

お問い合わせ・資料請求

東宝ホーム本社サイトへ