建売住宅宅地・分譲地支店・住宅展示場宿泊体験展示場施工ギャラリー

スタッフBlog

トップページ>スタッフBlog|建築日誌から
建築日誌から
東宝ホーム久留米・筑後スタッフのブログです!
一軒のお家が出来上がるまでをご紹介する「建築日誌」。営業スタッフが日々の話題をご紹介する「営業日誌」。
時々脱線もしますので、お気軽にお付き合いください!

東宝ホーム標準仕様・無垢床の経年変化をチェックできるモデルハウス|hitマリナ通り住宅展示場のご紹介

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

東宝ホーム住宅は標準仕様で無垢床を採用しています。「なんとなく良さそう」と認知されている無垢床の特長とは?そして、建築後10年が経過しているhitマリナ通り住宅展示場では、新築から10年で無垢床がどのように変化したかの実例をご覧いただけます。
ぜひ、家づくりの参考ポイントとして抑えておきましょう!

◆新築から10年で無垢床はどう変わる?
建築後10年が経過しているhitマリナ通り住宅展示場。傷の目立ち具合など、気になる点は遠慮なく確認してみてください。無垢床は日に焼けるとその風合いが変化していきます。同展示場が新築時からリビングルームに敷かれているラグを捲っていただけば、10年前の無垢床の色合いを見ることができます。木材メーカーなどの経年見本よりもかなり広い面で確かめられるため、ぜひチェックしていただきたいポイントです!

◆無垢材独特の柔らかさ『浮造り』の魅力
hitマリナ通り住宅展示場の無垢床には、敢えて床面に凹凸がある“浮造り”を採用しています。ほんの微量にボコボコとした触り心地で足の接地面が通常のフローリングに比べて少ないので、底冷えを感じにくいのが特長です。無垢材独特の柔らかさは合板では表現できません。また、「ワックスがけをしているんですか?」と尋ねられることも多いのですが、その必要はなし。そのままでツヤのある質感が表れるのも無垢床の魅力です。

東宝ホームのモデルハウスの中でも標準仕様の無垢床を採用しているのは、hitマリナ通り住宅展示場と久留米展示場のみとなります。ぜひ、その足で無垢床の風合いを確かめてみてくださいね。


hitマリナ展示場はこちら
http://fukuoka-toho.com/exhibition/hit_marina/
住所:福岡市西区愛宕4-21サウスエリア
アクセス:福岡市都市高速「愛宕ランプ」より約3分
福岡市営地下鉄「室見駅」より徒歩15分
西鉄バス「豊浜団地」より徒歩1分

北側にリビングがある間取り事例|hitマリナ通り住宅展示場のご紹介

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

「リビングは日当たりの良い南側じゃないといけない!」そんな考えを良い意味で覆してくれるのが、hitマリナ通り住宅展示場。こちらは、立地の関係上、北側にリビングを設計しています。一般的に日当たりが悪いといわれる北側でも、明るさを充分に確保できる事例をご紹介していきます。この知識を参考に、土地探しの幅が広がると嬉しいです!

◆中心に吹き抜けと階段があるLDK空間
hitマリナ通り住宅展示場のLDK。北側のリビングに大きな窓を設けています。
リビングの南側にある階段上部には吹き抜けがあり、2階&吹き抜けに採用した窓から光を取り入れることで1階の中央部に光が集まります。これらの要素を加味することで、フロア全体に十分な明るさを確保できます。
気になった方はぜひ、hitマリナ展示場にお越しなって、明るさを体感してみてくださいね。

◆一体感のある間取り事例が人気!
当社モデルハウスの中でも、良い意味で奇をてらっていない、オーソドックスな間取りが特長のhitマリナ通り住宅展示場。1階フロアのリビング、ダイニング、キッチン、和室の各空間を分けつつも、「なんとなく同じ空間にいる」感覚が得られる間取りが好評で、家づくりの参考にされる方も多数いらっしゃいます。

いかがでしたか?北向きの家という一見するとデメリットになる条件も、間取りの工夫次第で解消できれば、土地探しの可能性が広がっていきます。詳しいお話は、ぜひhitマリナ住宅展示場スタッフまでお尋ねください!


hitマリナ展示場はこちら
http://fukuoka-toho.com/exhibition/hit_marina/
住所:福岡市西区愛宕4-21サウスエリア
アクセス:福岡市都市高速「愛宕ランプ」より約3分
福岡市営地下鉄「室見駅」より徒歩15分
西鉄バス「豊浜団地」より徒歩1分

自然素材派必見の内壁材|シラス壁の調湿&消臭機能

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

内壁の仕上げに自然素材を用いた塗り壁を検討されている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、塗り壁に用いられる主な素材の違いをはじめ、東宝ホームがイチ押しする『シラス壁』の魅力をピックアップしました!

◆代表的な塗り壁材=珪藻土、漆喰、シラスの違いとは?
素材や見た目の違いを簡単に説明すると、
◎珪藻土…七輪の素材になっているもの。ザラッとした質感。固定材を混ぜて凝固する。
◎漆喰…石灰が原料。ツルッとした手触りが特長で古くから白壁などに用いられている。
◎シラス…シラス台地の火山灰を練り交ぜた塗り壁。マットな質感が特徴的。
以上のようになります。

◆内壁に用いるなら『シラス』がオススメ!
せっかく内壁に自然素材を用いるなら、家を快適に、かつ守ってくれる素材を選びたいですよね。上記3つの中でも、調湿効果と消臭効果が非常に優れているのが『シラス』になります。カビが繁殖しにくい性質を持つシラス台地の火山灰の粒子が湿気をしっかりと吸収。東宝ホーム住宅なら、吸収した壁内の湿気はハイブリッド・エア・コントロールで排出するため、常に“サラサラ”なお家を実現できますよ。

また、塗り方の違いで表情の変化がみられるのもシラス壁の魅力です。
hitマリナ通り住宅展示場では、シラス壁の事例をご覧いただけるほか、調湿機能を実験できるコーナーを完備しています。ぜひお気軽にお越しください。


hitマリナ展示場はこちら
http://fukuoka-toho.com/exhibition/hit_marina/
住所:福岡市西区愛宕4-21サウスエリア
アクセス:福岡市都市高速「愛宕ランプ」より約3分
福岡市営地下鉄「室見駅」より徒歩15分
西鉄バス「豊浜団地」より徒歩1分

家事動線を集約!ママを楽にする家事室プラン|KBCマイホーム展久留米展示場

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

働きながら、子育てしながら、忙しくても家事を休むことはできませんよね。
“家事がラクになる間取り”があるとしたら…。
そのためには、家事動線を短くする間取りが必要です。
そこで今回は、家事室(ユーティリティ室)の魅力をお届けします。

■洗濯のすべては家事室で完了!

脱衣所横にある家事室(ユーティリティ室)には
洗濯機置き場、タオルなどの収納スペース、アイロンやミシン、裁縫ができるカウンター、物干しを完備。
洗濯する、干す、畳む、アイロン掛けと4つの工程を一か所で済ませることができます。
デッキにも通じているので、外干しや取り込みもラクチンです。
さらに、この家事室はキッチンにも通じているので、お料理しながら洗濯することも可能。
現在の家事動線と比べてみて、ぜひ想像してみてください。

■各所に用いられる素材も要チェック!
KBCマイホーム展久留米展示場のモデルハウス。

一階は木目の幅が広く、サラサラとした質感が特長の『タモ材』を使用しています。
二階は東宝ホーム標準仕様の無垢床を使用。それぞれの特徴を、ぜひその肌で体感してみてください。
ほか、リビングルームのテレビボード廻りや玄関外のそで壁には栃木県で産出される『大谷石』を採用。
こちらは自然素材でゴージャス感を演出したい方にオススメです。

伝統とモダン、そして現代ならではの利便性と先進性が程よく融合した久留米展示場。
ご興味のある方は、ぜひお気軽に足をお運びください!

KBC マイホーム展はこちら
住所:福岡県久留米市東合川1-7-31
アクセス:九州自動車道久留米インターから車で3分

リビングに直結!玄関土間のある家|KBCマイホーム展久留米会場

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

“我が家の顔”ともいえる玄関に広々とした土間があったら…。
そんな暮らしをちょっと想像してみませんか?
昔ながらの日本家屋のイメージが強い玄関土間には、
現代の暮らしを豊かにしてくれる要素がいっぱいです!

■土間の可能性は無限大!

KBCマイホーム展久留米展示場内、東宝ホームのモデルハウス。
LDKに密接した縦長の玄関土間は自転車のまま入れるほどに広々としています。
アウトドアグッズやベビーカー、バイクなどの収納も楽々。
買い物後は靴を履いたまま、荷物をキッチンやパントリーまで運ぶことができます。
充分な広さがあるので、立ち寄られたご近所さんとのおしゃべりにも◎。
縦長の土間の窓を開けると、充分な軒が雨を凌いでくれるエントランスポーチとひと続きに。
LDK、玄関土間、エントランスポーチを合わせるとかなりの広さを実感できます。

■お客様は玄関続きの和室へご案内

“おもてなしの間”と呼ぶにふさわしい和室(客間)には玄関から直接入ることができるため、
お客様に生活空間を見せることなく、お通しすることが可能です。

いかがでしたか?KBCマイホーム展久留米展示場内東宝ホームモデルハウスは、
この間取りをそのままに注文住宅を依頼されるお客様もいらっしゃいます。
暮らしやお付き合いが豊かになる“土間のある暮らし”をぜひ、体感してみてください。

モデルハウスがご覧になれるKBC マイホーム展はこちら
住所:福岡県久留米市東合川1-7-31
アクセス:九州自動車道久留米インターから車で3分

ワンフロアで身支度が完結する寝室|hit香椎浜住宅展示場

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

女性にとって朝の身支度は、洋服選び、お化粧、ヘアセットと大変忙しいもの。
その全てがワンフロアで完結する寝室があるとしたらどうでしょうか?
今回は、あなたの“朝時間”にゆとりをもたらしてくれる寝室事例をご紹介します!

■朝の身支度はワンフロアで!|アジアンテイストの寝室

こちらの主寝室には、洗面台、鏡台、クローゼットを完備。
この3つが一部屋に揃っていれば、
洋服を選びながら、お化粧して、手を洗うところまでこの部屋で完了できるため、
スマートに身支度を済ませられますね。
ちなみに、香椎浜展示場のモデルハウスは、全体的に和モダンですが、
こちらの寝室だけは、アジアンテイストのインテリア家具や壁紙を採用。
素材を少し変えるだけで、部屋の雰囲気をガラリと変えらえる点もご覧になれます。

■小さめながら収納力抜群のクローゼット
hit香椎浜展示場モデルハウスのなかでも、実際の家づくりに採用される方が多いのが
2階に上がってすぐの小屋裏収納。
天井高約1.4メートルと低めながらもしっかり収納力があるため、空間の有効活用として取り入れる方が多い設備です。
こちらもぜひ、チェックしてみてください。

メリハリ空間を実現!段差をもうけたリビング|hit香椎浜住宅展示場

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

バリアフリーが重視される昨今ですが、hit香椎浜住宅展示場内モデルハウスでは
敢えてリビングを一段低く設計した『段差のある間取り』の事例をご紹介しています。
床を下げることでどのような効果や演出がもたらされるのでしょうか?
ぜひ、お付き合いください!

■空間としてのインパクト大!

通常、天井の高さは約2m50㎝。リビングを約40㎝下げることで天井高は3m近くになります。
よって、空間をより高く見せることができますし、空間を区切ることで“ホールド感”も生まれます。
大きな吹き抜けと迫力のある塗り壁で仕切られたリビングルームはインパクト抜群です!

■リビングからの視線もデザイン!

リビングルームから中庭の眺めにも趣向を凝らしたこのモデルハウス。
中庭の木々や石材は上部にボリュームをもたせることで、ソファーに座って中庭を見たときに、
自然と視線が空に向かうように設計されています。
慌ただしい日常の中で、空を見ながら寛ぐひとときは、最高のオフタイムとなること間違いなしです!

次回は、同じくhit香椎浜展示場モデルハウスより、寝室の間取り事例をメインにお届けします!

目と肌で楽しむ上質な素材感。東宝ホームのモデルハウス|hit香椎浜住宅展示場

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

“これからの日本の家”がテーマのhit香椎浜住宅展示場内モデルハウス。
一歩中に入ると、“見て楽しめるデザイン”が目白押しです。
ぜひ、その扉を開いてみてください!

■末永く愛される|心落ち着く“和の外観”

落ち着いた色味がシックな外観の香椎浜住宅展示場。
和モダンを好まれる方にも好評で「この外観に惹かれました!」
という若い世代のお客様も沢山いらっしゃいます。
1階部分の大きな屋根が続く中庭。
非日常的な空間は、しばし現実から離れ、静かな時間を過ごすことができます。
こちらの中庭はリビングやダイニングからの眺めも最高です。

■独自スタイルに溢れる!見どころ満載の内観

一番驚かれる方が多いのが、土間で繋がった『離れ』のような和室。
小さな入り口を入ると、小上がりの居酒屋のようなゆったりとした空間が広がります。
別名『もてなしの間』とも呼ばれるほど、個性的な和室は必見です。
また、色のトーンを落とすことで、照明の陰影が美しく映える壁も要チェック。
基本的に壁紙を使用していない香椎浜住宅展示場。
自然素材を用いながらもスタイリッシュな空間を実現できる点もご紹介したいところです。
照明使いや壁紙、素材、etc…インテリアの参考もそこかしこに見つけられることと思います。

非現実的とも思えるデザインの中に、家づくりのイマジネーションが膨らむポイントに出会える
hit香椎浜展示場。
次回も同展示場より『段差のあるリビングの事例』をお届けします!

ママ目線のアイディア!客間とプライベートで2つの和室|hit大野城住宅展示場

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

読書をしたり、お子さんと寝転んだり。寛げる和室は日常に欠かせないスペースです。
それでも、お客様をお迎えする和室に生活感は出したくない!
そんな方にオススメしたいのが、hit大野城住宅展示場内モデルハウスの間取り事例
“2つの和室”作戦です!

■モダンかつ格式を感じる和室
玄関横にどっしりと佇むモダンで風格ある和室。ヘリなしタイプの畳が統一感を醸し、現代感覚に溢れるインテリアもスタイリッシュな印象です。
こんな素敵な和室なら、いつでもお客様をお迎えできますし、急な来客に慌てる心配もありません。

■中二階下をくり抜いたポケットサイズの和空間

玄関横の和室をお客様をおもてなしする空間とするなら。
階段下をくり抜いたこちらのスペースは、家族が気兼ねなく過ごせる和室として利用できます。
パパが読書を楽しんだり、ママがホッと一息ついたり、お子さんがちょっとくらい玩具を散らかしていたとしても…。
お客様をお迎えできる和室は玄関横にちゃんと用意してあるから安心です!

“家の中に和室を2つ設ける”など、空間の有効活用にこだわれるのも注文住宅ならではの醍醐味。
空間を駆使した立体的な住宅に興味がある方は、ぜひhit大野城住宅展示場内東宝ホームのモデルハウスへお越しください!

子どもが喜ぶ!スキップフロアとロフトを使った“遊びの空間”|hit大野城住宅展示場

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

子どもが夢中で遊び、笑顔になる“おうち時間”は親にとっても幸せなもの。
そこで今回は、子育て世代に人気の間取り事例として『スキップフロア』と『ロフト』
をピックアップしました。
近ごろ話題の『スキップフロア』とは、そもそもどんな構造なのでしょう?
また、東宝ホーム住宅なら『ロフト』まで年中快適に使える理由とは?
今回もhit大野城住宅展示場内のモデルハウスをご紹介します。

■空間の個性が際立つ!『スキップフロア』

『スキップフロア』とは中二階に空間をつくり、フロアに段差を持たせる建築方法。
いわゆる踊り場のような狭いスペースではなく、5帖ほどの一部屋として充分な広さが特長です。
1フロアに高低差のあるスペースを追加することで、空間としての個性や機能が明確に、そして
実際の床面積より広く感じることができます。
スキップフロアを子どもの遊び場にすれば、お子さんの様子や気配を感じやすいのもポイント。
以上のような特徴から、子育て世代に人気の構造となっています。

■東宝ホーム住宅ならロフト(3階部分)も年中快適!

東宝ホームの独自工法『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール住宅』なら、
年間を通して家中の温度を一定に保つため、屋根裏スペースまで有効活用できます。
「夏は暑すぎてロフトは使えない…」なんて心配は無用です♪
シアタールームや子供の秘密基地…。様々な用途に夢が広がるロフトスペース。
hit大野城住宅展示場内モデルハウスでは、子供部屋~主寝室~ロフトが階段で行き来が可能。
家族のコミュニケーションが円滑に、そして楽しくなる構造も体感してみてください。

今回ご紹介した『スキップフロア』には、床下に新たなスペースをつくれるという利点も。
そこで、次回はhit大野城展示場内モデルハウスの“2つの和室”についてお届けします!

お問い合わせ・資料請求

東宝ホーム本社サイトへ