建売住宅宅地・分譲地支店・住宅展示場宿泊体験展示場施工ギャラリー

スタッフBlog

トップページ>スタッフBlog|建築日誌から
建築日誌から
東宝ホーム久留米・筑後スタッフのブログです!
一軒のお家が出来上がるまでをご紹介する「建築日誌」。営業スタッフが日々の話題をご紹介する「営業日誌」。
時々脱線もしますので、お気軽にお付き合いください!

サニーガーデン筑紫丘・大橋駅南|分譲開始&現地ご案内会開催中!

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

福岡市南部の副都心として、充実した環境から注目を集める街・大橋エリア。
若久団地再生事業内に、東宝ホームの分譲エリアが誕生しました。

その名は『ニジイロミライプロジェクト』。

緑豊かな環境を活かし、医療・福祉関連施設や商業施設の充実など、住む人の暮らしを豊かにする取り組みとしてを行っています。

◆家族全員が“恵まれた環境”を実感できる街
◎福岡市屈指の文教エリア!
筑紫丘小学校は目の前、近隣には筑紫丘中学校、筑紫丘高校、若久特別支援学校など教育機関が点在。
幼稚園や保育園も多数あり、子育て世代にとって安心できる環境です。

◎天神や博多へもアクセス便利!
特急停車駅となった西鉄大橋駅が徒歩圏内。
車で10分のJR竹下駅からは、博多駅や福岡空港へのアクセスも抜群です。
運動がてら天神まで自転車通勤も可能。
おしゃれなショッピングスポット・大名や薬院へも気軽に足を運べます。

◎南区の中心都市で質の高いライフスタイルを!
西鉄大橋駅付近には、行政機関や総合病院が並び、緑豊かな公園も多数。昨年リニューアルしたばかりの大橋西鉄名店街をはじめ、スーパーやドラックストア、大型電気店など、暮らしを支えるショッピング施設も充実しています。

◆若久団地再生事業地内にサニーガーデン筑紫丘・大橋駅南が誕生!
東宝ホームは、若久団地再生事業地内に3エリア全58区画の分譲団地を確保。
続々とお申し込みやお問合せが寄せられております。

現地ご案内会も開催中!ぜひ、下記のお近くの展示場までお問い合わせください。

スイッチ1つで家も衣替え!外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール住宅

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

東宝ホーム住宅の標準仕様のなかでも、興味を持たれる方が多い『外断熱』。
暑さや寒さをカットし、光熱費を大幅にカットしてくれる工法です。
さらに当社では『外断熱』+『ハイブリッド・エア・コントロール住宅』の独自工法で
“夏はサラサラ&冬はポカポカ”快適な住まいを実現しています!

◆“通気”には外部通気と内部通気アリ!
頑丈で長持ちする家に欠かせないのが、「湿気を逃がし、木材が乾燥した状態を保てるか?」ということ。
『外部通気』は、住宅の外壁にこもる湿気を逃がすことで建物の耐久性を保ちます。
ところが、高温多湿な日本の夏の湿気を逃がすためには、『外部通気』だけでは力不足であることをご存知でしたか?

◆外壁・内壁の中、柱と柱の間にも通気が必要!
通常、柱と柱の間には断熱のために綿状の断熱材が施されますが、そうすると、外壁と内壁の中に湿気が発生してしまいます。
これでは、木材を乾燥した状態に保つことができません。
だからこそ、東宝ホームでは外壁・内壁の中、柱と柱の間に空気層をつくる『内部通気』を確保するために、標準で『外断熱』を採用しているのです。

◆壁内通気を排出できる外断熱工法は当社オリジナル!
冬は、地中熱を利用した暖かい空気を壁内通気を利用して循環させることで家中が“ポカポカ”に。
夏は、エアコントロールシステムのスイッチをONにして、夏場の淀んだ空気を排気、全熱交換機で湿気を減らした新鮮な空気を壁内に通気させることで“サラサラ”な家を実現します。
スイッチ1つで家も衣替えできる、それが『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール住宅』です。

まずはノープランでもOK!東宝ホーム家づくりの4ステップ

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

「そろそろマイホームに向けて動き出そう」と決めたものの、「そもそも何から始めれば良いの?」と
いう方も多いのではないでしょうか?
STEP①▼まずは住宅展示場へ
インターネットやパンフレットの情報も、やはりご自身の目で確かめなければ始まりません。
まずは最初の一歩として、各拠点にある住宅展示場に足を運んでみてください。
『失敗しないマイホーム計画』について広い視点からアドバイスを行っている当社。
◎土地探し
◎資金計画
◎住宅のプランニング
など、お客様の疑問や要望に寄り添いながらアドバイスさせていただいております。

STEP②▼構造ブースで住宅の見えない部分をチェック!
東宝ホームの独自工法『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール住宅』をはじめとする構造体。
外から見ることができないだけに、机上のお話だけでは難しく感じると思います。
福岡支店内にある『構造ブース』では、普段なかなか見ることができない構造体や性能部を展示。
現物で確認しながら知識を得られるため「わかりやすい!」と好評です。

STEP③▼宿泊展示場に泊まって日常生活を体感♪
『後悔しない家づくり』を実現するため、東宝ホームでは実生活に即した宿泊展示場をご用意。
宿泊滞在中はお料理したり、お風呂に入ったりと、ご家族だけで過ごすことができます。
モデルハウスを訪れるだけでは知り得ない、住宅の使い勝手や性能を気兼ねなくチェックしてみてください。

STEP④▼イメージをカタチにする“HOME GALLERY”
床材や内装、外壁のサンプルなどを展示。お客様と共に理想のマイホームを叶える共同制作の場として、より具体的な打ち合わせを行っています。ご自身のイメージを鮮明にしたい方や、家づくりを検討中の方も、ぜひ足を運んでみてください。

福岡エリアの各展示場をご紹介♪

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

全国的にも有数な人気の土地である福岡エリア。
中でも福岡市内は、東京を上回る人口増加率を誇り、2030年まで人口は増え続けると言われています。
それだけ住みやすく、土地に魅力があるということですが、人気が高まると同時に分譲地が減っていくことは避けられません。
東宝ホームは、豊富な自社保有地をはじめ、入札事業や他社からの斡旋など、フレキシブルな取り組みでお客様に最適な土地を提供しています。

>>■東西南北に拠点あり!■<<
東宝ホーム福岡支店は、東・西・南・久留米に各拠点を設けて、それぞれのエリアに特化した知識と提案でお客様のニーズに対応。
県外からのお客様や、「どのエリアに住むか迷っている」という方にも、豊富な情報を提供し、アドバイスをさせていただいております。
通勤やお子様の進学先(学区選び)など、ライフプランに応じて幅広くご相談を受け付け中です。
各エリア展示場までお気軽に足をお運びください。

>>■各エリア展示場のご案内■<<
◎hitマリナ通り住宅展示場(福岡市西区愛宕4丁目21番) 
◎hit大野城住宅展示場(大野城市南大利1丁目1番1号)
◎hit香椎浜住宅展示場(福岡市東区香椎浜2丁目8番) 
◎KBCマイホーム展示場久留米会場(久留米市東合川1丁目7番31号) 

はじめまして!東宝ホーム福岡支店です♪

所属:福岡支店

氏名:真瀬田

「ホントのホーム、トーホーホーム♪」のフレーズでお馴染みの東宝ホーム株式会社。
この度、福岡支店として、オフィシャルブログは一新し、SNSをスタートします!
オフィシャルブログ:http://fukuoka-toho.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/tohohome.fukuoka/
インスタグラム:https://www.instagram.com/tohohome_fukuoka/

私たちは西日本エリアをメインとした、地域密着型のハウスメーカーです。
『健康で長生き』『頑丈で長持ち』の家づくりがポリシーの当社。
建築時だけでなく、ご入居後のお付き合いを大切に考えています。
そのため、地域密着型の特性を生かし、転勤が少ない『生涯担当システム』を採用。
お客様の暮らしに末永く寄り添うパートナーとして、プランニングからアフターサービスまで
サポートさせていただきます。
『家もお付き合いも長持ちすることがお互いの幸せに繋がる』
この経営理念は、「東宝ホームなら安心だね」という信頼を繋ぎ続けてくれています。

■いつでもご来店受付中です!
JR博多駅そば【福岡支店】では、各種お問い合わせやお打ち合せはもちろん、東宝ホームの独自工法を構造ブースにて確認できます。
また徒歩圏内に、床材や内装、外壁のサンプルを展示した【ホームギャラリー】もありますので、家づくりを検討中の方は、ぜひお立ち寄りください。
これからオフィシャルブログ・SNSを通じて、東宝ホームの家づくりや福岡エリアの住宅情報など、
幅広いコンテンツを発信していきます!
これから家を建てたい方、家づくりに興味がある方、ぜひお付き合いください。
よろしくお願いいたします!

遠く遠く

所属:技術管理課

氏名:竹村 沙紀

皆さんは槇原敬之さんの「遠く遠く」という歌をご存知でしょうか。
収録されているアルバムのリリースは1992年で、私が12歳の時です。
確か初めて買ったCDだったと思います。
その歌を、どこで耳にしたのかは分かりませんが、6歳になる娘が何故かサビの部分をふと歌い出したんです。
車でも聴きたいというのでクローゼットを漁って、奇跡的に奥底に眠る昔のCDを引っ張り出しました。
車の中で音楽を流してあげると、4歳になる息子も覚えて一緒に歌いだし、今我が家のボクシーの車内は「遠く遠く」がエンドレスリピートです。
しかし当時小学校6年生、12歳だった私が初めて買ったCDを、我が子と一緒に聴くというのはなかなか感慨深いものがありました。
その当時聴いていた歌を聴くと、その当時の思い出や記憶が蘇るというか、すごく懐かしい気持ちになりますよね。
小学校6年生だった私は、当時この歌を娘と息子と一緒に聴くなんて思ったでしょうか。
そう思ったら本当に他愛無いことなんですが、なんだかすごく感慨深かったです。
あれから26年もの月日が経ちましたが、またこんな新鮮な気持ちでこのCDを聴ける日が来るなんて、今の私も想像もしませんでした。
「遠く遠く」、今聴いてもとってもいい歌です。

(追記)(余談ですが)(子どもの鼻歌は気にならないのに、旦那さんの鼻歌はいちいち耳につくのは何故でしょうか)

東宝ホーム「FLEX」のご紹介

所属:設計課

氏名:早田 麻恵

7月より熊本営業所から福岡支店へ異動になりました早田と申します。
これからは福岡支店の一員として頑張ってまいります。よろしくお願いいたします。

私は設計課に所属しており、主な業務はお客様にお出しする図面やお見積りの作成です。
十数年間同じ仕事を続けてきたのですが、福岡へ来て新しく「FLEX」という商品に関わる仕事が一つ増えました。

東宝ホームはお客様一人ひとりに合わせたプランを建築士がご提案するフリー商品に特化した住宅会社です。
しかし、間取りや仕様の制限があっても金額を抑えられたら…というご要望にお応えして、じつは企画商品もご用意しております。

使いやすい間取りであるだけでなく、耐震等級3取得・全プランに小屋裏収納付き・ZEH仕様にも対応可 など、快適さも兼ね備えたプランとなっております。
現在は20プランほどですが、今後増えていく予定です。
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください!

旅行

所属:総務経理課

氏名:真瀬田 咲紀

初めまして、総務経理課の真瀬田(ませだ)です。

私は去年、出身宮崎から福岡へきて9月に入社しました。
日々新しいことや発見があり勉強の毎日を送っています。
福岡へきてからは旅行へ行ったり、
おいしいものを食べたり充実しています。

そして去年の11月には初めて広島へ行ってきました。
恥ずかしながら新幹線に乗るのも初めてで
前日から楽しみで眠れなかったです。
そして宮島へ着き厳島神社へ。
何気なく引いたおみくじは凶!!
凶を引いたのも人生で初めてでした。
少しだけ落ち込みましたが天気には恵まれて
その時だけは凶を引いたことを忘れさせてくれました。
周りを見るとあちらこちらに鹿。。。
人懐っこい鹿でしたが何でも食べてしまう鹿にびくびくしながらも
満喫することができました。

今後は壱岐、喜界島へ行く計画を立てています。

今年も始まったばかりですが、しっかり目標を定めて
日々精進していきたいと思います。
よろしくお願いします。

戸建?マンション?

所属:総務経理課

氏名:鎌田 美知代

初めまして。経理課の鎌田です。
住宅メーカーに籍を置いているにもかかわらず、マンションに住んでいます。
今回はマンションと戸建の住環境について考えてみたいと思います。

マンションは通常地価の高いエリアに建設されますので、立地は抜群で通勤には便利という利点があります。
同居しているワン公は、マンションの箱の中で育っていますので、正真正銘の箱入り息子です。タイル張りのベランダに出ては鉢の花に近づき鼻をヒクヒクさせています。

熊本の実家は古い戸建です。庭も広いので、帰ると四季折々の花が咲き、季節ごとにセミがいたり、メジロが飛んで来たり、鈴虫が鳴いていたり・・・ワン公も散歩から帰ってくると土いじりを始めて足は真っ黒。
夏は縁側から座敷に風が通るので、私とワン公で一緒に昼寝しています。

戸建はマンションと比較すると収納も多く、庭もあり、家族で生活して子供を育てるには環境が整っていると思います。一方、マンションは住む階層によっては戸建より安全面では優れています。

また、戸建は自分で定期的にメンテナンスを行う必要がありますが、マンションは放っておいてもエントランスの掃除や改修工事を行ってくれます。但し、マンションは管理費と修繕積立金を毎月支払わなければならず、また、10年を超えると修繕積立金が増額されることもありますので、支出面は自分でコントロールできないという事を念頭に置いておく必要があります。

どのような人生設計を持っているかによって選択は変わってきますね。
ご参考になればと思います。

季節の変わり目

所属:設計課

氏名:茨木 康行

少しずつ朝も肌寒くなり、また秋のコーデを楽しめる季節がやってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

街が秋のファッションで華やかに色づき始めると、
競うように自然も様々な色に染められていき、もう出かけずには居られませんよね。


出かける前に、ちょっとだけお話を聞いてください。(笑)

ファッションや、自然と同じ様におうちも衣替えしてみませんか?
ストーブやこたつを出すだけでも、すっかり衣替え状態ですが、
もっと積極的にお部屋の衣替えも考えてみましょう。

ラグマットに始まり、ソファやクッションカバー、出来ればカーテンや照明の色、
和室の室礼、スリッパ、ちょっとした小物など季節によってかえてみると、ずいぶん気分も変わるものです。

例えば、京都の町家では、襖や障子は実は冬の装いで、夏は障子を御簾、襖を須戸、畳の上には籐の網代や籐むしろなどを敷き詰めたそうです。
夏は部屋を仕切る建具にも通風の機能を持たせ、強い夏の日差しを和らげる簾の効果を取り入れ、冬は障子、襖で風をふせぎ光を間接光のように取り入れたりしていたそうです。

そこまでは無理としても、ラグやカーテンの色調、マテリアルだけでも季節感は十分楽しめると思います。
すると、空調の設定温度も変わってくると思うんです。

とかく断熱や気密性などハード面ばかりに目が行きがちですが、
その上に日本の先人達の知恵、計画的な開口部や庇の設置などソフトの面がとても大事だと思うんです。
その上でZEHを目指したいですね。


せっかく皆さん世界でも有数の四季が豊かな日本に暮らしているんですから、
先人達の知恵をうまく取り入れて楽しまないと、もったいないと思いますよー。

お問い合わせ・資料請求

東宝ホーム本社サイトへ